PLATFORM LFPプラットフォーム

開発中の商品を食べ比べ!

2023.01.23

岐阜県LFPでは、昨年度のLFP事業で開発した県産野菜を使った「GIFUTOスープ」のシリーズ商品として、県産米を使った麺「GIFUTOパスタ」を開発中です。「GIFUTOスープ」は、野菜を低温スチーム加工してペースト状にしたもので、小さい子どもが野菜に親しめるようにと野菜の栄養と風味をまるごと閉じ込めています。
1月18日この日は、LFPパートナーが集まって試食会を行いました。パスタのほかに、うどん、ラーメンの試作品を用意し、商品化に向けて、食味や食感の評価とともに、提供方法などを検討。
これらの麺には、岐阜県の特産品として知られる栗の鬼皮を練り込んであります。栗の鬼皮は加工の過程で廃棄されるものですが、実は、ポリフェノールが大量に含まれるなど、さまざまな機能・効果があるとの報告もありました。いろいろな県産素材を麺に練り込むことでご当地グルメができそう、など次なる展開へのアイデアが広がっています。